介護フランチャイズで誰でもラクラク経営できちゃう

介護フランチャイズに失敗しないための心得と種類

メリットだけじゃない

介護フランチャイズといえば、数々のメリットがあることで知られていますよね。今では脱サラをして介護業界に参入する30代も増えています。その一方で、介護フランチャイズの失敗事例も数多く存在します。成功をするためには、成功者が最も目をつけたところをランキングでチェックする必要が出てきます。

成功者はココに注目している

no.1

実態について

介護サービスと一口にいっても、種類は様々です。近年は訪問型の介護サービスより、リハビリを主に行なう施設が増え、介護というよりは、入所者の身体機能をアップさせるのが目的です。食事及び、入浴介抱を含まないためスタッフへの負担が軽い点が魅力です。また、介護に関する細々とした知識が不要なため、介護業界が初めてという方も経営がしやすいでしょう。とはいえ、同じサービス、同じ事業形態ならば、他の施設との競争はより激しくなります。高齢化社会と言われる今の時代に、最も必要とされているサービスは何なのか、この辺を意識する方は非常に多いです。

no.2

サポート体制の充実

開業前にきちんとしたサポート体制であるかも、成功者は必ずチェックします。これが今後どう経営に反映されるかが分かれ道になるからです。特に開業前の工事や物件選定のお手伝い、行政への必要な深刻、融資に関するサポート、オーナーのための事前研修、営業やその他ツールの作成をサポートするなどが必ず必要です。また、開業した後は相談会を定期的に開いてくれたり、アドバイスを直で受けられたりなどの手厚いサポートも重要となるでしょう。共に頑張ってくれる相方(経営コンサルタント)が側にいれば、経営状況はかなりいい方向へ向かうはずです。

no.3

必要予算を固める

介護フランチャイズで事業を始めるためには、やはり最低限の資金を準備しなければなりません。可能なら、初期費用を抑えたいのが本音でもあります。開業資金においては、介護フランチャイズ本部で方針が異なるため、500万円以上に及ぶこともあります。開業したての頃は、何かと出費が多く、さらに介護保険内で業務をする場合は国から支払われるのはもっと後になります。それを踏まえた上で資金計画を立ててくれるフランチャイズ本部を見つけることが成功する近道だと当事者は感じています。

no.4

信頼性をみている

介護業界で成功を収めるためには、フランチャイズ協会の正社員である人物が担当につくかを成功者たちはみています。正社員ということは、ある程度の基準をクリアしていることと証明できるので、経営をする上では不可欠な人物だといえます。

no.5

店舗数をチェックしている

経営について何でも知る人物であることも、介護フランチャイズで成功を収める一つの方法ですが、店舗数にも注目してみてください。全国に点々とする介護施設を一つのフランチャイズが展開している場合は、これまでの実績に基づいて的確なアドバイスができるはずです。また、サポートも万全なので、何度も危機を迎えた人たちの助けとなります。

介護フランチャイズで誰でもラクラク経営できちゃう

老人と介護士

介護事業の種類

介護フランチャイズを始める前に知りたいのが、サービス内容です。介護事業には大きく分けて、介護給付サービスと介護予防サービスの二つが存在し、どちらも特徴が違います。介護給付サービスは、要介護者を対象に事業を展開すること、介護予防サービスは居宅介護や支援、施設サービス、地域密着型のサービスなどが対象です。さらに介護事業の種類は、訪問介護、訪問入浴介護、リハビリテーション、訪問看護など多岐に渡ります。居宅介護サービスの場合は、短期入所向けのサービスが多く、介護が必要な方の身の回りの世話を行ないます。地域密着型の場合は、日常生活に必要な食事、入浴、排せつなどの機能訓練を重点的に行なっています。

セミナーへの参加

フランチャイズビジネスを始める人向けのセミナーでは、赤字から黒字にする経営術を始め、利益本質の経営を実現するためのノウハウを専門講師が伝授します。また、経営を共に支える優秀な人材の確保についてはセミナーで知ることができます。介護業界への参入が初めてという方や、事業が上手くいっていない方のための情報収集場なので、どんどん活用してくださいね。

フランチャイズビジネスを始めた人の声

安定しています

夢だった経営者への道を、見事叶えてくれたのがフランチャイズでした。僕は前から介護にとても興味があったので、まさかここまで成長できるとはと夢のようです。これも、数々のサポートを惜しみなくやってくれたコンサルタントのお陰です。ありがとうございました。

ノウハウがなくても始められる

祖母が介護施設にお世話になっていた時期は、そこのスタッフのずさんさや経営方針に首をかしげるばかりでした。それなら、俺がおばあちゃんの面倒をみてやるという気持ちになり、介護業界への参入を決意しました。右も左もわからない全くの初心者ですが、介護フランチャイズに目が留まり、今経営している最中です。今のところ順調に経営できていますし、優秀なスタッフを見つけるノウハウをセミナーで学んだお陰か、僕のおばあちゃんは他の入所者の笑顔が絶えません。

どうなるかと心配だった

介護フランチャイズで事業を開始しましたが、後から経営が苦しくなって・・・30代で子供や奥さんもいるし、このままダメになったらどうしようとハラハラドキドキしていました。でも、コンサルタントが定期的に施設を見に来てくれますし、ご自身の経験から発言をしてくれるのでとてもタメになりました。それを参考にしてみたらようやく危機から脱出できて本当にありがとうの気持ちでいっぱいです。

無理のない資金計画がよかった

少ない資金で始めようとしても、他の会社は難しいの一点張り。でも、最後に行きついたフランチャイズ会社は、そんなことなくできる限り努力すると、資金計画をたててくれました。おかげ様で、黒字続きでコンサルタントの方も、よく頑張りましたねと褒めてくれるほどです。でもここまでこれたのは、有能なコンサルタントがいたからだと私は思っています。

信頼が大事

介護フランチャイズ会社を探す時に重要視していたのは信頼です。経営ノウハウに詳しい人でも、お互いに信頼しあってなければ成功することは難しいです。そのため、何人かのコンサルタントを話をして、波長が合うかどうかで決めました。これが吉と出るか凶と出るか不安でしたが、自分の考えを理解してくれるいいコンサルタントのお陰で、経営は格段に安定しています。たまに飲みにいった時は、経営に対するお互いの意見を交換することもありますよ。

広告募集中